尿漏れは病気です

治療までの工夫

看護師

尿失禁の原因は骨盤底筋の衰えだけではなく、他の病気から誘発される場合や精神的なことがきっかけとなることもあります。尿が漏れてしまうからといって、同じような改善方法をとっていても効果がない場合があるからです。また、骨盤底筋トレーニングと言われる治療法にも限界があるということを認識する必要があります。骨盤底筋を鍛えることは尿が出る蛇口自体を鍛えることに繋がるため、ほぼ全ての尿失禁に効果があると思いがちですが、長く続けていても効果が見られないようであれば専門医に相談して別の治療法を受けるようにしましょう。治療法の中には薬物療法や手術がありますが、尿失禁の症状に合わせた適切な方法を選択することが肝心だと思います。

診療を受けよう

尿失禁にはさまざまな種類があります。膀胱にかかる圧力で尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁、尿意を我慢することが出来ず失禁してしまう切迫性尿失禁、さまざまなタイプの尿失禁が併発して起こる混合型尿失禁などがあります。これらは症状と治療法が異なることから、まずは医者のもとで診療を受けることをおすすめします。また、自身の尿漏れ経験をメモに残しておき、泌尿器科などの専門医に提示することでより確実な診療を受けることが出来るので、どのようにして漏れてしまうのかをメモに残しておくことをおすすめします。尿失禁の治療は基本的には泌尿器科ですが、妊娠や出産を契機に尿漏れを引き起こした場合については、かかりつけの産婦人科の担当医にまずは相談するようにしましょう。